だらだら オーバーウォッチ

オーバーウォッチについて書いてます

3タンクのラストタンクピックは?:ザリア vs ロードホッグ

あけましておめでとうございます。

「今年の目標はみなさんをレート2500以上にする」です。

昨年も同じ目標でした。

あとはレート2500以下の方々にも興味を持ってもらえるイベントの

企画・お手伝いとかを目指していきます!

かたや仕事が忙しくなってきていますので

いつまでブログを継続できるかわかりませんが

もうしばらく続けます。

 

・3タンク、最後のタンクは誰だ?

f:id:KAWAMUU:20170105112038j:plain
お正月はぼーっとしてたので書くネタがたまってません。
今回の話は、レート2500以上なら当たり前の話です。
当たり前と言っても、それを知らないと2500には行けません。
なので意識していなかった人はこれを機に・・・!
さて、3タンクはメタであり、メタというのは
いろんな角度から分析して理解する必要があるのは
以前の記事でも述べました。
今回のテーマは、3タンクで構成を組み上げる時、
ラインハルト、D.vaは固定として
残り1体を誰にするのか、というお話です。
ザリアをピックする意味、ロードホッグをピックする意味を
考えてみようと思います。
ゴリラはダイブ構成で使ってあげてください。


 

 

・大正義「盾割り」の視点

f:id:KAWAMUU:20160611193334j:plain
今の3タンクメタであったとしても盾割りは正義。
盾割りと言えばショットガン。
となればロードホッグ、秒間250以上ものダメージ。
圧倒的な盾割り性能を持つロードホッグ。
ということでロードホッグが大勝利かというと
そうでもないと当ブログは考える。
マストピックのD.vaと、ほぼ必須のソルジャーがいるだけで
盾割勝負は十分に成り立つ。
ソル、D.va、豚だと約600/秒のダメージ、3秒ちょっとで割れる。
ソル、D.va、筋肉だと約450/秒のダメージ、4秒ちょっとで割れる。
真正面からの打ち合いだと1秒ちょっとの差しかない。
この差はラインハルトの盾管理で簡単にひっくり返る。
そして忘れてはいけないのが、D.VAのディフェンスマトリクス。
脅威である弾丸を無効化して盾を守るプレイが簡単。
D.vaが理解していれば、盾割勝負はより複雑になる。
こんなディフェンスマトリクスだけど、
ザリアのビームは防げない。
という観点から、盾割勝負は豚完全有利と言い切れない。

 

・ザリアのセーブ、イニシエート、ダイブ

f:id:KAWAMUU:20170105112409j:plain
ザリアをピックした時の利点は、ざっくり言ってサポート能力
味方を活かすプレイは、彼女にしかできない役目だ。
味方のミスプレイに対して安全バリアを張ることができる。
これはロードホッグに対するカウンタープレイでもある。
要所で相手のチャンスを潰していく、またその可能性だけでも
相手のプレイを萎縮させていく。

次にイニシエート、ハンマーダウン以外にも選択肢がある、
1回目の攻めはハンマーダウン、次の攻めはサージと
安定した集団戦をデザインできるのはザリアならでは。
信頼できる味方とプレイするならスノーボール(※)が可能。
(※勝利が次の戦いの勝利を呼ぶ戦術)

3タンクにおいては誰が戦の転機を作るかが重要になる。
もっともわかりやすいのがロードホッグのフック。
フックが決まれば人数差ができ、ここの人数差を活かせばいいだけ。
ザリアはどうするのか?
当ブログはチャージだと思っている。
バリア付きチャージはザリアにしかできない芸当であり
重厚な3タンクに対しても1チャージ約300ダメージは魅力的だ。
ザリアを選ぶなら、起点の作り方を意識していきたい。

 

パニッシャー ロードホッグ

f:id:KAWAMUU:20160707110438j:plain
ロードホッグの基本的な立ち回りは言うまでもないかもしれない。
第1優先事項はなんといっても盾割だ。
ロードホッグは盾割を疎かにしてはいけない。
もしかするとフックを当てる以上に盾割が重要かもしれない。
なぜなら、フックは盾割りの最中に生まれるモノだからだ。
盾側から考えてみると、ホッグのショットガンは
受け止めたくないのに盾で止めるしかない。
なぜなら盾を閉じると味方の誰かがフックされてしまうからだ。
それを恐れて敵が後退するようなら前進すればいいし、
いずれどこかで敵は盾をしまう。
その時にポジションミスをしている敵を捉えられれば上級者だ。

こんな風にミスを罰することができるので
海外ではパニッシャー(断罪者)と呼ばれていたりする。覚えなくてよい。
パニッシュできなくても後退させられればある程度の仕事ができる。
さらに、今の高所の重要性を考えるとフックは強い。
高所で甘えている敵を落とすのはザリアにはできない
さらにザリアはバリアチャージで起点を作りたいんだけど
高所が多いマップだとチャージのチャンスが少ない
このような問題とロードホッグは無関係なので
ある程度自分だけで独立してゲームを動かすことができる。

 

・さてどっちをピックする?

今回の結論を書きたいトコロなんだけど
結局のところどっちも一長一短、どっちでもいい。
最低限、
チャージで切り込みそうならザリア、
盾割圧勝して自分でチャンスを作るなら豚、
ぐらいの意識でもいいと思う。
大事なのは上で書いたようなことを
わかった上でピックしてるかどうか。
戦う前、ピックの段階から戦いは始まっている

f:id:KAWAMUU:20170105112636j:plain
極端な話、3タンクにこだわる必要もない。
メイや、場合によってはバスティオンの方が刺さるときも多い。
「こういうプレイをしたい」から失敗したら切り替える。
これがオーバーウォッチの最上位メタ。

・関連記事

・画像元

Overwatch | Roadhog plus Zarya Teamkill - YouTube

広告を非表示にする

2016年 だらだらオーバーウォッチ人気記事

年末なので人が少ないと思いきや

意外とマッチングがスムーズにいって驚いています。

本日が当ブログの今年最後の記事、の予定。

何か来たいことが出てきたら書くかもです。

 

 

・2016年の人気記事

OWの登場とともに細々とブログを続けてまいりました。
知名度も少しづつ上がって来たので
来年はより多くの人に知ってもらいたいです。
そしてより多くの人を巻き込んだ企画とかもしたいです。

はい、それでは当ブログの今年人気だった記事の発表!

1位 勝手に死んでない?ウィンストン上達の3つのコツ

完全にタイトル詐欺の古い記事です。
初期の頃の記事なので今読んでもあまり意味は無いですね。



2位 レート2500になるために ~ ラインハルト編 ~

ラインハルトの人気が今ほど無かった時の記事です。
低レートならではのラインハルト論を紹介しました。



3位 レート2500になるために ~ ピック編 ~

こちらも初心者向けの記事です。
初心者に限らずレート2500を目指す方は
暇つぶしに読んでもらえるといいかもしれません。
あわせてコチラの記事もどうぞ!



4位 謎の集団Green Leavesの実態に迫る

出ました!今や超人気チームの紹介記事です。
当時は今ほど知名度がなかったGL、
しかし今や大量のファンを抱えるプロチームとなりました。
GL公式サイトもあるのでそちらをどうぞ!



5位 ようこそ、3タンクの世界へ

世界で3タンクメタが発掘されたときの記事です。
これを機に3タンクに挑戦した人もいるのではないでしょうか?
今思うともっと書き足すべきことがある記事です。



6位 現メタが抱える高所というピース

しらすぱんさんのリツイートのお陰で伸びたと思いますw
現メタにおける重要な要素だと思っています。
7位の記事とビュー数を取り合ったせいでこの順位です。



7位 突如現れた新星 その名はFlourish!

6位と並んで最近の記事にもかかわらずランキングに載ったお化け記事。
次にファンの心をつかむは彼らだと思っています。



8位 コレで大丈夫!ラインハルトの基礎の基礎

書き直さなきゃ案件の記事です。
ハルトの基礎とはなんぞや?いまだに悩みます。



9位 コントロール勝率90%以上の法則!

90%以上は言いすぎです。詐欺ですね。
ですが、ここで書いてある基本は今も通用する考えです。
90%以上といったことは謝ります。



10位 【速報】オーバーウォッチワールドカップ 日本代表決定!

なぜか今もビュー数が増えている記事。
ご新規さんにもワールドカップは興味のある大会なのは間違いないですね。
来年こそ!来年こそは!

 

あ、そういや当ブログのアクセスのほとんどがスマホからでした。
(PCから見てもらえると、過去記事探しやすいですよ・・・!)
みなさん、良いお年を!

広告を非表示にする

ハナムラでのチャージ確定落とし

シンメトラが脅威を振るう昨今、いかがお過ごしでしょうか?

強いのは強いんですが、戦いの矜持が無いというか

敵にいても、味方にいても面白くないように感じます。

ま、勝つためにピックするんですけどね。

今日もラインハルトの記事です。

ラインハルトがうまけりゃレートが上がる環境ですからね。

 

 

・舞台はハナムラ

シンメトラが強くなり、ハナムラを嫌う人も増えてそう。
アサルトはワイプしかゲームを動かす手段がなく、
運ゲー要素が大きく、また延長線も起きやすい。
こんなマップだからティルト(投げやりプレイ)して
勝てるゲームも落としてしまう。
どのレート帯でもできるだけやりたくないマップ。
今回は1つの突破口、といっても少し特殊な知識をご紹介。
f:id:KAWAMUU:20161221233126j:plain

 

 

・チャージ確定落としポイント

ゲート前後のにらみ合い、
ここの膠着状態で一度攻め側が負けてしまうと
守り側は一段と固くなってしまう。
攻め側でどうしてもうまくいかないときは、
この確定落としを狙ってみてほしい。

ネタをバラすと簡単な話なんだけど、
以下の画像の赤線がポイント。
この赤線より少し手前でチャージする。
f:id:KAWAMUU:20161221233528j:plain
この赤線にだけ注意しておけば
チャージは最大リターンを期待できる。
実際にどうなるかは以下のGIFを見てほしい。
f:id:KAWAMUU:20161221233654g:plain
もう少し離れていても、
チャージ完了時に敵を少しプッシュするから
環境キルすることが可能。
ちなみに、線を踏んでいる状態だと・・・
f:id:KAWAMUU:20161221234051g:plain


短い記事ですが今日はこれまで。
メリークリスマス!

D.va コーヒーカップ 真空断熱 ステンレス フタ付き

D.va  プルオーバーパーカー BlackL

・関連記事

広告を非表示にする