だらだら オーバーウォッチ

オーバーウォッチについて書いてます

【ヒーロー考察】 リーパーのAIM

今日のオーバーウォッチのブログ記事。

さっそくチートツールが出回ってる模様。
ウォールハック(常時ウィドウult)、オートエイム、
即時リロードとかができるらしい。
やめとけ、やめとけ。
バレたら永久banって鰤が見解をだしてるぞ。
なによりゲームが面白くなくなるぞ。

 

そう、スクリプトに反対する私達の取るべき道は「エイムの向上」である!
と、無理やりタイトルと結び付け。

オーバーウォッチはAIM需要度が他FPSよりも低いと何度も言っているけど、
最近は「ヒーロー毎の独特なAIMポイントの習得」が重要なのではないかと思っている。

なので今日はオーバーウォッチでも簡単ヒーローである「リーパー」の
AIM力を高めるAIM方法を自分なりに考えて見た。
以前に全ヒーロー共通の基本的なAIM記事を書いたのでそちらもどうぞ。

overwatch.hatenadiary.jp

 

あ、あと私は「AIM力≠敵に素早く正確に照準を合わせる身体能力」と思っていて
「AIM力=敵に素早く正確に照準を合わせる立ち回り」として話をしているのであしからず。
身体能力(反射神経、クリック精度)を上げたい人は反復練習とかしてください。

 

 

f:id:KAWAMUU:20160613185039j:plain

●相手とはち合わせになった時の立ち回り( 1vs1を想定)
 サポートとかタイマン弱いヒーローとはち合った時は、大抵の場合は
 相手が逃げ出す。この時は相手に密着するつもりで接近しながら撃つ。
 ヒット1回、かすり1回ぐらいは当たるはず。
 まだ敵と距離が空いてるなら攻撃を当てやすいはず。
 本当に敵と密着してしまって攻撃を当てにくい状態になったら、
 撃ちながら近接攻撃を入れる
 すでに1,2発喰らわせているはずだから、殴る。相手は死ぬ。

 相手が好戦的なヒーローの場合は引き撃ちしながら逃げよう。
 オーバーウォッチではアサシンヒーローは死なないことが大事。
 死なないことで敵に「襲われるプレッシャー」を与え続けることができる。
 「ウィドウwwwビビってるwwwヘイヘイヘイwww」

 

●相手の裏をとった時の立ち回り
 覚えてほしいことがある「ショットガンはフルヒットで140ダメージ」。
 つまり1発では通常フルヒットしてもディーバ(幼女)すら倒せない
 1発で倒すならヘッドショットが必要だということ。
 ウィドウやバスティオンは1方向を見ていることが多いので、
 超接近しやすい。足音を気をつけるならしゃがみ接近からヘッドショットだ!
 相手に気づかれた場合は、はち合わせと同じ対処。
  


●その他:対タンク
 タンクのような体の大きいヒーローと戦うときは、
 実は距離減衰(遠くの敵を撃った時にダメージが下がる)の効果が下がる。
 つまり、タンクと戦うときはミドルレンジでも十分脅威になり得る。
 これは散弾一発一発に判定があるから。

 

結局AIMの話ではなくて立ち回りの話になってしまった。
だってこいつあんまりAIMいらないし。
そもそもオーバーウォッチがAIMいらないし。

 

 ・関連記事

overwatch.hatenadiary.jp