読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だらだら オーバーウォッチ

オーバーウォッチについて書いてます

ハイリスク!Dorado(ドラド)の ”新” 裏取りルート !

オーバーウォッチペイロードマップDorado(ドラド)。

本日はあまり知られていない裏ルートをご紹介。

f:id:KAWAMUU:20160618184108j:plain

 

 

この記事のポイントはココ!

硬直状態が生まれてしまうと打開が難しい序盤のトンネル!

f:id:KAWAMUU:20160618185704j:plain

     <攻撃側から見たトンネル>

 

f:id:KAWAMUU:20160618185718j:plain

      <防衛側から見たトンネル>

 

 

このトンネルは縦にも横にも狭く

防衛側にラインハルトがいる場合は盾を出されてしまうと

攻撃側は攻撃を通しにくい。

また防衛側からすると下り坂なので

ジャンクラット、ファラといった爆発系は有利になる。

 


・防衛側は何を意識しているか     

f:id:KAWAMUU:20160618185816j:plain

防衛側は「1の窓」、「2,3のルート」からの奇襲を

警戒しながら攻撃側の進行を食い止めていく。

見てわかるように

1の窓は防御側からすると敵の攻撃がわかりやすく

さっき挙げた爆発系ヒーローなら窓の敵を撃退しやすい。

2のルートは敵に近すぎるから難しい。ultあるならワンチャン。

3のルートがまだましな攻め口だけど、裏ルートにしては

トンネルから近すぎだし遮蔽物が少ない。

 

こういった理由から防衛側が非常に有利で

このトンネルでゲームセットしてしまう光景を時々見かける。

 

 

 

・あまり知られていない第4のルート

 これがこの記事の主役。

 防衛側の意表を突く「第4のルート」が存在する。

そのルートはこちら。

f:id:KAWAMUU:20160618191055j:plain

まずは高台に登る。

トールビョーンがよくタレットを置いているところ。

 

f:id:KAWAMUU:20160618191110j:plain

そしてこのルートの突き当りまで進む。

 

f:id:KAWAMUU:20160618191117j:plain

なんとここは壁を越えられる

 

f:id:KAWAMUU:20160618191132j:plain

壁に乗って今来た道を確認するとこう見える。

 

f:id:KAWAMUU:20160618191151j:plain

降りる先はこう見える。

 

f:id:KAWAMUU:20160618191202j:plain

降り先はここなので相手の裏を完全に取れる。

 

 

 

・第4ルートの有効な使い方  

このルートはいつでも誰でも有効というわけじゃない。

まずはデメリットを紹介する。

 

  • デメリット
    基本的に単独潜入となってしまう。
    また、攻撃側仲間と遠いので連携が取りにくい。
    防衛側にバレるとフルボッコにされる。

 

リスキーなルートだということを覚えておこう。

次に、このルートが効果的なヒーローを紹介する。

  • Best
    ゲンジ、ハンゾー

  • Good
    ウィドウ、ファラ


ゲンジとハンゾーは壁登りにクールダウンがないから
「行こう!」と思ったらすぐに行ける。

次にウィドウ、裏からスナイプされてるなんて誰も思わない、

気づいた頃には防衛側は2ヒーローぐらい狩れてる。

また、ルートの最大の強みはultで強襲できるということ。

自分たち(防衛側)の後ろからファラやハンゾーのultを

ぶち込まれるのを想像してほしい。

思わず電源を切ってしまう悪夢(ナイトメア)である。

 

 

 

・ まとめ        

  • Dorado(ドラド)の裏ルート
  • 奇襲できるけどハイリスク
  • 使うときはultをおともに

 

あとがき:

今日は忙しかったので軽めの記事。
そういや他にオーバーウォッチのブログってあるのかな?
片手間に書いてる人はいるけど

このブログみたいに専用で書いてるのはあんまり見ない。

知ってたらぜひ教えてください。

 

 

人気ブログランキングへ

↑現在、ブログのランキングにてオーバーウォッチのカテゴリを

作ってもらうために奮闘中。クリックしてもらえると幸いです。

広告を非表示にする