読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だらだら オーバーウォッチ

オーバーウォッチについて書いてます

【アトラスニュース】 SYNAESTHESIA ワールドツアーでルシオが音楽に命を吹き込む

翻訳記事

 LÚCIO BRINGS MUSIC TO LIFE WITH SYNAESTHESIA WORLD TOUR

f:id:KAWAMUU:20160804093329p:plain

ルシオ、彼はライブパフォーマンスを通して評価されてきた音楽アーティストだ。

彼の母国であるブラジルでは、彼はすでにある種の国民的英雄として認められている。

その彼が迫るSYNAESTHESIAワールドツアーの成功に向けて準備を進めている。

 

「俺のハートはブラジルのために動いてるんだ」
ルシオはアトラスニュース取材班にこう語った。
「俺はここにいる人たちからインスパイアされたんだ。彼らの抗争。彼らの勝利。そのエネルギー、彼らの生へのエネルギー、を世界中と分かち合いたいんだ」

f:id:KAWAMUU:20160804093342j:plain f:id:KAWAMUU:20160804093350j:plain

このツアーは彼のデビュー・アルバム「Synaesthesia Auditiva」のプロモーションツアーだ。彼はこのアルバムの制作に2年も費やしていたが、私達が取材したところによると、ついに作品の中身が明らかになるようだ 。先週彼は「Synaesthesia」からクールな2曲を世界に向けて発表したが、これはファンたちのツアーへの興奮を最高潮まで高める結果となった。この2曲は、彼の前年度のシングル「Sonhos Ômnicos」を上回り、すでにチャートトップに上り詰めている。

 

もしみなさんがまだ聞いていなくて、そして聞くことを恐れていないのであれば・・・
下のリンクから曲を聞くことができます! 



Synaesthesia の前夜祭も大盛況だったが、彼はそれでもまだツアーの成功に努力を注いでいた。「ライブに向けた新技術のために2年間使った。音楽に命を吹き込むんだ。みんな、”ただ聞く” だけじゃ満足できないだろうね」、ルシオは続ける。「みんなは ”感じて "、"見る " ことになるだろうね」。

 

Synaesthesia ワールドツアーは翌週水曜日、ドイツ ケルンからスタートする。ライブチケットはすでにSold Outだが、家でもライブの感覚を楽しんでもらうためにホロストリームサービスを提供する予定だそうだ。

 

SYNAESTHESIA AUDITIVA TRACK LIST

  1. Bem-vindos à Society 2.0 (Viemos para ficar)
  2. HELIOTROPICS
  3. Hard Light, Hard Time
  4. Rejuvenescência
  5. Sonhos Ômnicos (Extended Mix) 
  6. Maximum Tempo
  7. The Millennium Anxiety
  8. Quebrando a Barreira do Som (Drop the Beat)
  9. Robot After All
  10. We Move Together As One 
  11. Synaesthesia Auditiva

 

 

・元記事   

 翻訳内容は本ブログの著作物となります。
許可無く改変、アップロードする行為は著作権法違反となる恐れがあります。
当ブログは翻訳許可を得ていますが、
原文の諸権利はBlizzard Entertainmentにありますので
本文を無断で変更する行為は翻訳権違反となる恐れがあります。