だらだら オーバーウォッチ

オーバーウォッチについて書いてます

クイックプレイで心掛けていること

せっかくシーズン中間のまっただ中なので

クイックプレイで私が心がけている練習法をご紹介。

ガチチームなら以下の文章はかえって無駄かも。

f:id:KAWAMUU:20160823160028j:plain

 

・負ける気は無い

一番重要なことなので最初に書いた。
私はクイックマッチだからといって負けるつもりはない
以下ではいろんなことを書いてるけど、
実験的、練習的なことをしたとしても
チームが勝てる範囲で試行錯誤している、
間違っても一人よがりなピック、プレイはしない。

f:id:KAWAMUU:20160823160307j:plain

クイックの練習は
「勝つための練習」ということを忘れてはいけない。
一番大切なのは勝つことだ。

 

 

・クイックでのピック

もちろん練習したいヒーローをピックする。
そして、ピックするヒーローを決めたら
次の試合、そのまた次の試合でもピックする、
ということを誓う。
ヒーローの習熟度を上げたければ使い込むしか無い。
浮気はしない。そのほうが現実社会でもモテる。

と、誓いつつも柔軟なピックも忘れない。
チームが勝つことを考えた時に
自分がチームバランスを崩しているなら
ピックを潔く諦める。

諦めた後はできれば、
ピックしたかったヒーローと同じロールを、
それも難しいなら
ピックしたかったヒーローと相性のいいヒーローを、
それも難しいなら
ピックしたかったヒーローのカウンターヒーローを
ピックするようにしている。
まさにストーカー並の執念

この近隣ヒーローを練習することは非常に大事。
同じヒーローばかりを使い続けるよりも
効率がいいこともある。
マーシーを使うことで、
マーシーがザリアバリアを必要とする瞬間がわかったり
ゼニを使うことで
ザリアに不和をつけても低効果であるマップ構成があることがわかったり。
特に初心者レート帯の人はいろいろ使ってみよう。

 

 

・自分に課題を出す

これが大事。
「このマッチでは●●を目標にしよう!」と心がける。
これが上達の王道。

課題は1つだけにする。私たちは天才ではない。

私の中で、課題は2パターンある。

1.~を調べる系
これは試行錯誤系。
リーパーのより良い裏取り経路を調べるとか、
マクリーでハルトの裏にずっといたらどういうプレイになるかとか、
実験することでより良いプレイを探す。
より良いプレイが見つかったら「~する系」に移行。

2. ~する系
たとえば、相手のハルトよりも盾を長持ちさせるとか
敵ザリアのultはゼニultで絶対に打ち消すとか。
この「する系」は実践が難しい分、成長度も大きい。
マッチが終われば簡単な反省をするといいね。
あぁ、あのプレイがよかったな、とか
こうしてればもっと良かったな、とか。 

f:id:KAWAMUU:20160711195625j:plain

このプロセスを繰り返せば技術が身につく。
何が良い方法なのかを知り
良い方法を意識しながら練習することで、
良い方法を無意識で実践できるようになる、
このレベルまでくれば方法は技術になる
技術にならなきゃ本番では使えない。

 

・最後に

ガチ勢の練習はこれよりもストイックだけど
根本は同じだと思う。
エンジョイ勢の人はこの話を聞いて気を重くするかもしれない。
かくいう私もエンジョイ勢。
上で言ったことを気楽にそれとなく意識してるだけですよ。
本気で楽しく遊びましょう♪

 

・まとめ

  • ヒーローピックは執念を持って
  • 自分に課題を出す
  • 一番大事なのはクイックでも勝つこと

JULIA オーバーウォッチ ゲーム ロゴ ビンテージ コーヒーボトル 直飲み 保冷 保温 冷温両方対応 真空断熱タンブラー ステンレス フタ付き 手軽

PET SHOW Tシャツ オーバーウォッチ ショットスリーブ クルーネック 吸汗速乾 爽やか 軽快 半袖 カジュアル(LOGO)

 

・関連記事