だらだら オーバーウォッチ

オーバーウォッチについて書いてます

統計データの何を信じる?

上達のためのポイントを探しているわけですが、

いつも気になるのは統計データ(Overbuffとか)。

数字情報からOPヒーロー、シナジーヒーローが見つかれば良いなぁ

って思ったりしてますが、これがなかなか・・・

今日は統計データに関する私の考えを述べます。

f:id:KAWAMUU:20160826115421p:plain

f:id:KAWAMUU:20160826115436p:plain
↑2016/8/26のOverbuff統計データ

 

いい数字は信頼出来ない

勝率もキル数も、なんであったとしても
その数値が高いからといって
そのヒーローが特別優れているという判断はできない、
というのが私の考え。
その理由を「勝率」を例に説明します。

 

OP度を測れない「勝率」

「勝率」からOPヒーローがわかればいいのになぁ、
と思いながら数字を眺めていますが、無駄でした。

オーバーウォッチは戦局に合わせてピックを変えられて
良いピックをしたチームが勝つ、というのが基本。
そうなんです。
みんな戦況に合ったピックをしているんです。
もっと言うと、勝てる状況だからピックしてるんです。
だから特定シチュエーションになれば強い
シンメトラが最高勝率を誇っているんでしょうね。
「じゃあ最高勝率のシンメトラがいつもOPか?」
と聞かれれば、答えは「No」です。
ということで勝率高いからOPとは言えないです。

さらに勝率が怪しい理由は、
何をもって勝利としているのか、が不明な点です。
例えば、とあるマッチの70%はザリアを使っていたとします、
ボロ負けで最後のひと押しのところでハルトに切り換えたところ、
なんとかギリギリで防衛成功したとします。
この場合、ザリアとハルトは「勝利」判定になるのでしょうか?
このケース以外にも何が勝利なのか、
わからないケースがたくさんあります。

 

・他にも信頼しにくいデータばかり

キル数にしたってオーバーウォッチはアシストキルも
キル数に入るので信頼出来ないですし、
ファイナルブロウもAoEだったり、豚のように
とりやすいヒーローが偏っています。
オブジェクト貢献タイムはどうだ!?
とも思いましたが、敵を近づかせない戦略、
ファラとマクリーの防衛だと、
守り成功するほど貢献タイムは発生しない。
う~ん、単純に数字を比較するだけでは
ヒーローの優劣は付けられないです。

 

 

・悪い数字は信頼できる!?

そんな統計データでも信頼できそうな数字はあります。
悪い数字です。
上で述べた勝率、勝率は高いからといってOPではありません。
でも勝率が低い、これは弱いヒーローと判断してもよさそうです。

なぜなら「勝てると思ってピックする」にもかかわらず
結局は負けてしまっている、と言えるからです。
勝率の定義がなんにせよ、低勝率のヒーローは弱い(難しい)です。

他の数字に関しても、高い数字は信頼できませんが
低い数字は「能力を発揮できない」ことを表す数字として
信頼できるかもしれません。

JULIA オーバーウォッチ ゲーム ロゴ ビンテージ コーヒーボトル 直飲み 保冷 保温 冷温両方対応 真空断熱タンブラー ステンレス フタ付き 手軽

PET SHOW Tシャツ オーバーウォッチ ショットスリーブ クルーネック 吸汗速乾 爽やか 軽快 半袖 カジュアル(LOGO)

結論 

統計データでいい数字がでているからといって
何も評価することはできない。
でも、悪い数字が出ているということは
弱い(難しい)ヒーローとして判断に使えるかも。

広告を非表示にする