読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だらだら オーバーウォッチ

オーバーウォッチについて書いてます

ここだけは押さえよう!スピードブースト

ヒーロー考察

新しいメタになっても揺るがないOP、ルシオ

広範囲回復もさることながら

スピードブーストにこそ、その真髄がある!

ということで今回はスピブの話。

f:id:KAWAMUU:20160922131812j:plain

 

 

・常にスピブをうかがう姿勢

冒頭でも書いたけど、
ルシオの良し悪しはスピブで決まる。
なので試合中は常にスピブのチャンスをうかがおう
初心者の内は「アンプイットアップが上がるたびに
ヒールブースト使ってれば良いや」って
気持ちかもしれないけど、
基本的にはスピブのために温存しておきたい。

そして、逆説的だけど
スピブのチャンスをうかがうようになれば
ルシオの回復効率は上がると思う。
なぜなら、スピブのチャンスを見逃さないためには
チーム全体を見渡す必要があって
今、誰のHPがマズいのか?
彼は自力でヘルスパック拾いに行けるのか?
セカンドサポートは気づいているか?
と、積極的に情報を取りに行くようになるので
本当に必要なときだけヒールブーストを使えるようになる。

 

 

・ココだけは押さえよう!

スピードブーストマスターになるまでの道のりは
果てし無く長い。
私的な観点だけど、
スピブの簡単ポイントを紹介したいと思う。
f:id:KAWAMUU:20160922131907j:plain

  • ultボイスが聞こえたら
    敵味方関係無くultボイスが聞こえたらスピブ。
    本当はなにかしら状況判断が必要なんだけど
    目をつぶってスピブ使ってもリターンが大きい。
    敵ultだったら仲間が逃げられる可能性upだし
    仲間ultだったら追い打ちの可能性が上がる。
    また、これは自分のultも当てはまる。
    サウンドバリア+スピブのルシオイニシエートは
    是非マスターしたい。
    ultボイス合わせは初心者にオススメ。

  • 近レンジ仲間を見張る
    ラインハルト、リーパー、メイといった
    近距離で力を発揮する仲間の動きを見張ろう。
    この仲間が「攻める」と感じた瞬間にスピブ
    これには仲間もニッコリ。
    この感覚を磨くためには、自分も近レンジを使って
    近レンジヒーローの攻めタイミングを感じるのが近道。
    また、最初の内はチームの近レンジヒーロー全員を
    見張るのは難しい。近くにいる仲間だけで十分。

  • 人数差は危険
    「人数差ができたら」は少し難易度が高い。
    人数差はイコール有利な状況なんだけど、
    敵のカウンターultで返り討ちにされる可能性がある。
    わかりやすいタイミングのようで実は困難。
    なので人数差が生まれたときこそ慎重になろう。
    安全だと判断できるときは積極的にスピブ。
    しかし何度も言うように、これは中級者以上のテク。

 

 

・呼吸を読む

サポートは、味方の欲しい時、または
敵が嫌がる時を捕らえるのが仕事だと思う。
サポートが上手い人は細かい単位でこれを実行する。
例えば「敵豚のフックを見た瞬間に味方リーパーを加速させる」
一瞬のチャンスを見逃さないプレイも
サポートがうまかったら可能。

こういうサポートキャリーになるには
全体を見る目、そしてそこから全体の呼吸を読み取らないといけない。
戦国時代の名知将みたいでカッコイイね!

JULIA オーバーウォッチ ゲーム ロゴ ビンテージ コーヒーボトル 直飲み 保冷 保温 冷温両方対応 真空断熱タンブラー ステンレス フタ付き 手軽

PET SHOW Tシャツ オーバーウォッチ ショットスリーブ クルーネック 吸汗速乾 爽やか 軽快 半袖 カジュアル(LOGO)

・関連記事

overwatch.hatenadiary.jp