読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だらだら オーバーウォッチ

オーバーウォッチについて書いてます

アナ時代にヒーラー比較

ヒーロー比較

2016年はアナメタ時代。

いつまでアナメタが続くのでしょうか?

そして、不動、ド安定のルシオ

最初はネタキャラだったゼニヤッタ

忘れちゃいけない37歳コスプレBBA。

せっかくなのでヒーラーを比較考察します。

f:id:KAWAMUU:20161101130434j:plain

 

 

・ヒーラーの比較

ざっくりとではありますが
私の体感ベースで各ヒーラーの比較を、
主に使い所や相性などを考察しようと思います。
かっこいい言い方をするとシナジーとマッチアップですね。
みなさんのプレイの糧になれば幸いです。
詳細な比較はトッププレイヤーさんがやってくれると思います。

f:id:KAWAMUU:20161101091352j:plain



・THE 安定 ルシオ             
f:id:KAWAMUU:20161101091615j:plain

ヒーラーの中では一番簡単なスキルセットのヒーロー。
スキルが簡単なのに付け加えて、
機動力、ノックバック、体力ドーピングultを併せ持つので
全サポートの中で最も高い安定感を誇る。
初心者にも安心してオススメできる。
勘違いしてはいけないのは、
「スキルの使い方が簡単」なのであって
「いつスキルを使うか」は非常に奥が深い。
これ以上書くとルシオ考察記事になるので割愛するが、
下手なやつにルシオやらせろ、は私は反対だ。

▶ 相性の良い味方ヒーロー

f:id:KAWAMUU:20160611115504p:plain f:id:KAWAMUU:20160611115405p:plain

ルシオと相性の良いヒーローはたくさんいるけど
今回はこの2人をピックアップ。
ルシオにしかできないこととは何か?
それはスピードブーストだ。
上の二人は敵に近づくことで力を発揮する。
さらにこの2人は盾中、デスブロ中に移動速度低下を持つが
その欠点をルシオはカバーすることができる。
チャンスを広げ、欠点を補うプレーを心がけよう。
ルシオのスピブは奥が深い。
もちろん、これ以外の使い方も存在する。

 

・復活が全てのマーシー   
f:id:KAWAMUU:20161101093758j:plain

色あせぬ大人の魅力、発売当初はメタの中心だった。
超強力なリザレクトを持つヒーロー。
使われないわけじゃないけど、OPではない。
自衛能力、攻撃能力が低く、敵のフォーカスを受けやすい。
とりわけultのタイミングが難しい。
ultを使わずに死んでしまうと味方のヘイトが溜まっていく。
「活躍した気になれる」という意味では初心者向けだが
使いこなすには相当な愛が必要

▶ 相性の良い味方

f:id:KAWAMUU:20160611115403p:plain
マーシーの生存能力を高めてくれる味方。
ファラのロケットジャンプにくっついていくだけで
近距離火力敵の手から逃れることができる。
でも空中でフラフラしてたら狙い撃ちされるし、
それにファラばかり回復し続けるわけにもいかない。



 

・遠距離でもOKなゼニヤッタf:id:KAWAMUU:20160629163218j:plain

初級レート帯だと「アナ使えないから代わりに・・・」で
ピックされてるんじゃないだろうか。
DIVEメタから移り変わったといってもまだまだ使える。
ゼニの強みは距離じゃないだろうか?
遠距離からの連続スパム(ハラス)、
遠距離でも確定で入るヒーリング
そして、各種ultにカウンターできる心頭滅却。
不和だってnurf入ったとはいえ強い。

▶ 相性の良い味方

f:id:KAWAMUU:20160611115351p:plainf:id:KAWAMUU:20160611115358p:plainf:id:KAWAMUU:20160611115403p:plainf:id:KAWAMUU:20160611115449p:plainf:id:KAWAMUU:20160611115502p:plain
なんてったってヒーラーなんだから回復しなくちゃ。
上のヒーローたちは、高速で戦場を駆け巡るから
回復が難しい。しかしゼニなら、たとえ
距離があいていても、確定で回復を入れられる。
味方のキャリーがこれらヒーローなら
サポートしてゼニをピックするのもありだ。



 

・アナ、高技術に見合う結果
f:id:KAWAMUU:20161101104312j:plain

今のメタ。全てに高度技術が求められるヒーロー。
高速回復、高火力、おまけに長時間スタン、
極めつけは超突破力を付与するult。
自衛能力も悪くなく、極めれば最強のサポートかも知れない。
しかし求められる技術力、判断力は高く
「今、敵と味方のどちらを撃つべきか」すら難しい。
ポイント、ポイントで1つの記事が書けるレベルで難しい。

▶ 相性の良い味方

f:id:KAWAMUU:20160611115405p:plainf:id:KAWAMUU:20160611115504p:plainf:id:KAWAMUU:20160611115525p:plain
リーパーとハルトはもはや鉄板。
ナノブーストがチームに突破力を授ける。
ultは前ほど撃ちまくれるわけじゃないけど
それでもどんどん撃っていくべき。
突破力もさることながら、撃たれた味方の
ultチャージがガンガンたまるのもポイント。
成功しても失敗しても、次の戦いにて
味方のultが期待できる。
ということでスノーボールの可能性と
失敗からのリカバーも期待できる。
味方にルシオがいるなら守ってもらおう。
ルシオなら機動力と、場合によっては
グレ×ヒルブで高速範囲回復も狙える。
ピカピカルシオはご愛嬌。



 

・ヒーラーと戦術

上では各ヒーラーの特徴を挙げた。
ここでは各ヒーラーをピックした時に
どのような戦術を取れるのかを考察してみる。

 

f:id:KAWAMUU:20160611115525p:plain & f:id:KAWAMUU:20160920102800p:plain
今流行りの構成。
ルシオで全体をフォローしながら、
ピンポイントはアナがサポートしていくスタイル。
ルシオはアナが自由に動ける空間を作るのが良いと思う。
高回復・高火力で溜まったナノブーストで
突破していくのが強み。
敵がアナを狙ってこないなら初級レートでもオススメ。
上で書いたように味方のultゲージを溜める効果もあるので
いったん回り出すと止められない力を持つ。


f:id:KAWAMUU:20160611115525p:plain & f:id:KAWAMUU:20160611115517p:plain
ダイブ構成。全然強い。
守ることに関しては鉄壁だけど、
攻めに関しては味方依存。
ナノブと違って味方のultチャージに不安が残る。


f:id:KAWAMUU:20160611115517p:plain f:id:KAWAMUU:20160920102800p:plain
回復力を犠牲にして高い牽制力を持たせた。
スピブがいらない構成や、防衛側で採用しやすい。
遠距離から味方を見据え、回復しつつ、
高火力の牽制を浴びせ、チョークポイントにて
敵をくぎ付けにすることができる。
チャンスではナノブースト、
ピンチでは心頭滅却とスキが少ない。

 

 f:id:KAWAMUU:20160611115521p:plain & f:id:KAWAMUU:20160611115525p:plain
マーシー使うならルシオに守ってもらうのが一番いいか?
ファラにくっついてる時に
ルシオが全体カバーできるのもGOOD。
スピブでオール・インして、
あとからみんな復活できれば強いかも。

 

 

・現状のヒーラーをまとめる

f:id:KAWAMUU:20160611115525p:plain  > f:id:KAWAMUU:20160920102800p:plain > f:id:KAWAMUU:20160611115517p:plain > f:id:KAWAMUU:20160611115521p:plain 

このピックオーダーになってしまうのか?
いつもであれば、構成、マップによって
ピックの優先度を変えるという話だったけど
今は所構わずこのオーダー。

ダークホースはゼニヤッタ
アナはもう一度nurfを食らうだろう。
もしかしたらルシオも食らうかも。
さらに全体的にultコストが重くなる予定になっている。
複数ultをかき消せる心頭滅却。
そうなったらゼニヤッタのチャンス再び。

ま、鰤の調整はよくわかんないけどね。
ソンブラもいるし。

パチまり 抱き枕

オーバーウォッチ  パーカー  スウェット メンズ レディース (L, オーバーウォッチ)

・関連記事

overwatch.hatenadiary.jp

 



広告を非表示にする