読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だらだら オーバーウォッチ

オーバーウォッチについて書いてます

ペイロード有効活用法

マップ考察

優勝はゲーム民族 韓国でしたね。

これから打倒韓国を目標に世界が動いていきそうです。

一方週末の日韓戦はCG.Bが勝利されました。

大会観覧勢が増えて聞くといいですね。

f:id:KAWAMUU:20161107112623j:plain

 

・上級者は有利ポジションで戦う

前に似た記事を書いたんだけど、
ペイロードの主導権を握ったなら
前方有利ポジションをつかみたいところ。
有利ポジションで次の戦いも勝つ、という
美しい流れをつくることができる。
f:id:KAWAMUU:20160629163206j:plain
しかし、我々初級レート帯では
後衛がFlankerに襲われたり、
連携がうまくいかず崩れそうな時もしばしば。
(スピブで後退して立ち直すこともできるけどね!)
ということで、今回はペイロードでの
陣取りのポイントについて考察してみます。

 

 

・有利な前方>直後>目の前

ペイロードに対してどの位置で戦うかって話。
「有利な前方」っていうのは前述のポイントね。

本記事で言いたいはそうじゃない位置取りで戦うときの注意。
特にペイロード周辺で戦うときについての考察。
結論から言うと
ペイロードの直後で戦うのはお得」。
ペイロードは有効活用できるということを理解したい。

活用1:最強の盾である!
ペイロードは動く遮蔽物。
敵の弾幕を抑える効果は想像以上。
ペイロード後方で戦うだけで
敵の遠距離弾幕による被害を抑えることができる。
さらには、コチラがペイロード後方で構えている以上、
敵側にはコチラへの接近を強制できる。
なぜなら、近づかないとペイロードの主導権を奪えないからだ。
敵が近づいてこないなら、悠々と運べる(押し返せる)。f:id:KAWAMUU:20161107103350j:plain
↑ただでさえ赤側を押し返すのは難しそう。
もし赤側がさらにペイロードを盾にしてたら
赤のトータル耐久力はとんでもない数値になるだろう。

 

活用2:姿を隠せる
ペイロードの後ろにいれば敵の視界から消えることができる。
姿が消えるだけじゃ大した事ない?
いえいえ、そんなことはないんです。
確かにちょっとした効果なんだけど、
裏取りに来そうなヒーロー(例えばリーパー)の姿が
一瞬見えないだけでも敵のオール・インは躊躇される。
真っ先に倒したいヒーロー(例えばアナ)の姿が見えないなら
敵のFlankerは飛び込み先を定められない。
限定的な話になるが、アースシャッターは
ペイロードを横断して効果が及ぶ。
ペイロードの裏で敵にモーションを隠しながら
ハンマーダウンを決めることが狙える。

 

活用3:狭いルートにおびき寄せれる
コチラがペイロードの直後に陣取ってる場合、
敵はペイロードの脇を通らないといけない。
それこそがチャンス。
f:id:KAWAMUU:20161107103839j:plain
上図は、青側がペイロード脇を通り赤に接敵する図。
画像からわかるように通路はペイロードのせいで
かなり狭くなっている。
私が赤側だったらこの青ラインハルトに
チャージをぶち込んでいるだろう。命中間違い無し。
敵がコチラとペイロードに挟まれる形で陣取ろうものなら
ショートレンジチャージ(ペイロードで挟む)や
スピブで接近(敵はペイロードに挟まれて後退できない)する。

 

 

 

・相手にした時の対処

では敵に有利なポジションで
ペイロードを運ばれているときはどうすればいいのか?
そういう時は曲がり角戦が有効。
上で考察したことを意識していなかった人も、
ペイロードでの曲がり角戦の強みを感じているのではないでしょうか?

曲がり角は、文字通り直線上ではないので
敵の弾幕をかいくぐりながら敵に接近しなくても良い。
さらに、曲がり角の多くは高所と
裏取りポイントをあわせ持っている。
こういうポイントで戦えば、地理的有利を解消できる。

f:id:KAWAMUU:20161107111805p:plain



・勢いが一番大事

いろいろ書きましたが
いちばん大事なのは勢いです。
勝ったなら勢いそのままにultで有利を広げ
次の戦いでは別の味方がultを打ち込むって流れが
オーバーウォッチで強い流れですね。
勢いを殺してしまっては意味がないので
そこのところを忘れないでいたいですね。

パチまり 抱き枕

オーバーウォッチ  パーカー  スウェット メンズ レディース (L, オーバーウォッチ)

 

・まとめ

  • ペイロードを活用しよう
  • 後方だと何かと有利
  • それでも勢いが一番

 

・関連記事

広告を非表示にする