読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だらだら オーバーウォッチ

オーバーウォッチについて書いてます

一人倒したらイニシエートしてもいいのよ

脱初心者

OW無料期間のアナウンスがありました!

みなさん、布教活動のご準備を!

今回はPC版も無料です!

 

 

・最も簡単で掴みやすいチャンス

当ブログでもイニシエートについては何度か記事を書いてます。
今回の記事では最初に結論を書きます。
「1人倒したらイニシエートしよう」
イニシエート・・・、ゴクリ・・・!ってならないように、
もう少し砕けた言い方をすると、
「1人倒したら大胆に攻めよう」と捉えてもOK。

f:id:KAWAMUU:20160902114807j:plain

そもそもなんだけど、
オーバーウォッチの上手い攻め方っていうのは
個人個人のハンドスキルの成果を求めるよりも
チャンスをつかんで、ピンチをしのぐところに
大部分が詰まっている。

じゃあ、チャンスって何さ!ピンチって何さ!
というところが気になるところ・・・。
もっともわかりやすいのが「人数差」。
人数差をひっくり返すのはすごく難しい。
ultを使ったり、すごくうまい連携を決めたり、
初級レート対なら特に人数差はひっくり返せない。

敵を落とした瞬間は最高のチャンス。
このチャンスを手中に収め、
大きな勝利につなげよう。

 

 

・チャンスを活かすのは誰だ?

敵が落ちた時、このチャンスを活かすべきロールがある。
ゲームメイカーことタンクこそ適任。
ごりごり押して有利ポジションを得たり、
イニシエートスキルをぶっ放そう。

f:id:KAWAMUU:20161012103406j:plain

有利ポジションっていうのは基本的に高台
敵と当たるのに依然として距離が空いているようなら
高台を取る選択肢が生まれる。
初級レートは後述のイニシエートスキルの方がオススメ。
慣れてないと有利ポジションを活かしけれないことが多い。
活かせないならさっさと当たる方が成功確率が高い。

イニシエートスキルっていうのは
強制的に敵に当たるスキル。
ult以外で言うと、ラインハルトのチャージや
ウィンストンのジェットパック。
これらブッコミスキルはリスクが高いけど、
人数差が生まれている今なら失敗を帳消しできる可能性が高い。
迷ってないで有利を広げる行動をとるべきだ。
ultと同じで出し渋ってると戦況を動かせない

f:id:KAWAMUU:20160923190119j:plain

他にもチャンスを活かせるヒーローはいる。
もう説明不要でしょう、ルシオだ。
敵が落ちた瞬間もスピブのタイミングの一つ。
他にはロードホッグ。
こいつは「人数差ができたらどうこうする」
というよりも人数差そのものを作ることに長けている。
キャッチしてやったー、じゃなくて
そのチャンスを広げることを意識することで
ロードホッグのチームない価値が上がっていく。

 

 

・敵にultがあるときはどうする?

敵にultがあるときは、人数差をひっくり返されるかもしれない。
いや、それでもいくべきだ。
ult勝負になればこちらのほうがultが多いはずだし、
敵のほうがultの数が多いとしたら
敵にultを吐き出させるチャンスになる。

f:id:KAWAMUU:20160802150326j:plain

 

 

・上級レートではチャンスが細分化

今回考察した人数差チャンスを意識するかどうかは
初心者を脱出するかどうかのわかりやすい指標だと思う。
ちなみに上級者になればなるほどチャンスは細分化していく。

f:id:KAWAMUU:20160922131812j:plain

敵が落ちたなんてチャンスはまず逃さないし、
それよりもさらに細かいチャンス、
体力差、甘えたポジショニング、ピックのかみ合わせ、
通常スキルのCT、こういうチャンスも掴んでいけるのが
上級者たちだと思う。
大会とかも何がチャンスでゲームが動いているのかを
意識しながら見てみると結構面白い。

パチまり 抱き枕

オーバーウォッチ  パーカー  スウェット メンズ レディース (L, オーバーウォッチ)

・関連記事