だらだら オーバーウォッチ

オーバーウォッチについて書いてます

野良だからこそ落ち着いたナノブロッサム

あの方がついに筆を執られました

方や重鎮D3 Watchさんはコピペ記事に苦言を・・・

少なからず広告収入がある当ブログも

各方面との付き合い方を検討しないといけないですね。

f:id:KAWAMUU:20161114143020j:plain

 

・ナノブをいかに決めるか

オーバーウォッチ、今のメタはアナ。
仲間にアナがいないというだけでとても不安になる。
ナノブロッサムがやっぱり人気で
それに続いてナノ龍神、大会ではナノデッドアイも頻繁。
上級レートでなくても(むしろ逆に)
ナノハルトはゲームを簡単に動かしていく。f:id:KAWAMUU:20161101104312j:plain
アナメタが浸透してきた今、
質の高いナノプレイがレートアップに必要。
高品質のナノプレイとはなんなのか?
トッププレイヤーがJCGで見せたナノプレイの1側面を
今回は考察してみようと思う。

 

 

・JCGではブロッサムなかなか撃たなかった

上級レート野良でなければ
ナノブーストをもらった瞬間にデスブロを撃ってしまう
プレイヤーが結構いる。
これとは対象的なプレイがJCGで多く発生していた。

ナノブをもらっても焦らず、
ポジションを厳選し、時には敵の回避スキルを空打ちさせ、
最高のタイミングでナノブロッサムが放たれていた。f:id:KAWAMUU:20160613134626j:plain
「敵を目の前にして舌なめずりするのは2流のやることだ」と
偉い軍曹はよく言ったものだけど、
迫りくる死神に追われる敵の悲壮感は
画面越しにも伝わってくるものがった。

 

・いや、野良だからこそ!

「上級者は周りを見ながらデスブロかぁ、ほぇー」
じゃないんですよ!
野良だからこそ、周りを見よう!
チームだったらベストのタイミングでナノブーストを
もらうことが前提だけど、
野良なら味方アナのタイミングになってしまう。
もしかしたら心の準備ができていないのに
ナノブーストをもらってしまうかもしれない。
だからこそ、ナノブーストをもらったら
周りを確認しながら、時には通常攻撃で攻めながら
良いポジションを見つけてデスブロッサムを決めたい。f:id:KAWAMUU:20160613185039j:plain

注意すべきはディスエイブルスキル、
スリープ・ダート、チャージ、フラバン、フックなど。
ブロッサムを止められてしまうし、
ブロッサム中は移動速度低下のため当てられやすい。
撃つような素振りを見せて空打ちしてくれたらラッキー。
できれば味方ザリヤのバリアに期待。

次はポジショニング、
最大限の成果を出すためにグラスヒーロー※を
複数体巻き込めるポジションに移動したい。
ルシオが慌ててノックバック撃ってきたらラッキー。
再度近づいてブロッサムを決められる。
※ガラスみたいに脆いヒーロー

最後に敵の打ち消しスキル。
ザリヤのバリア、サウンドバリア、心頭滅却など。
ザリヤのバリアはリーパーなら2発で消せる。
焦って貼られた敵バリアを消していきたい。
サウンドバリア、心頭滅却を返されたら、
無理にデスブロッサム撃たなくていいじゃない。
(すごい私見)
効果切れてから通常デスブロでも十分メリット。

 

・さっさと撃たないと打ち消されちゃう?

上記の打ち消しスキルの話に対して反論を持つ人がいるかもしれない。
確かに、さっさとナノブロッサムすれば敵がサウンドバリアを
張る前にルシオをキルできるかもしれない。

いや、でもそれマグレでしょ?
どんなときでも狙ってルシオを狩れるならOK。
つまり、上記の「ポジショニング」が常に出来てるってこと。
それなら良いけど、まだその段階にいない人は
まずはじっくりブロッサムを撃つべきタイミングを
体で覚える必要がある。
それからじょじょに判断の速度を上げていけばいい。

極論的な話、
「ナノブもらったら即デスブロをぶっぱしてまう」状態からの
脱却を目指す気持ちさえ持ってもらえれば
すでに上達していると思う。

 

 ・最後に

今回はナノブロッサムを一例に
より良くナノブーストを活かすことを考えた。
もちろん今回の話以外にも
タイミングや、ult管理、マップシナジーなど
抑えないといけないポイントは多く残っている。
オーバーウォッチ上達の道はまだまだ長い。

オーバーウォッチ OW キーホルダー

Overwatch マスコット メイ (Mei) /  ブリザード  

・関連記事

相手のアルティメット・スキルを管理する – True Overwatch Elite

・参考リンク

トップ絵

広告を非表示にする