読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だらだら オーバーウォッチ

オーバーウォッチについて書いてます

ultタイミングの歴史と上達法

ちょいテク メタ(meta) 競技シーン

JCG予選大会が行われました。

もはや本戦レベルの盛り上がりを見せた eX6 vs DTN5。

日本最高峰のハルト対決 USGSP vs DTGT1。

やはり安定を見せるCG.B、名前通り(?)の実力 おなすび幼稚園。

従来の競合が勝ち上がる中、

ダークホースもアマタ登場し、大番狂わせも起きている模様。

元Green Leaves, Nonkeさんの実況も本大会予選にて
一躍有名になったのではないでしょうか?
そんなNonkeさんがゲスト出演したOverwatch Talking!
明日11/29(火)、だらだらオーバーウォッチが出演します!
お時間に余裕のある方はぜひ!

 

f:id:KAWAMUU:20160815135023j:plain

 

・ultタイミングについて

大会でも見どころの1つとなっていたultタイミング・・・
「どこで誰がどのタイミングでultを撃つか?」
このようなトップレベルの戦いであったとしても
また、初級レートの戦いであったとしても
戦いを動かすのはultであるのは疑いようがありません。

f:id:KAWAMUU:20160922131907j:plain

今回のJCGを観戦して、そこでNonkeさんの名解説から
また1つultについてハッとすることがありました。
ult差に有利があるから先に当たらないといけない
この実況セリフは大会中何度も発せられていました。

今回はultタイミングについて考察します。
今までultタイミングについて記事を何度か書いてきましたが
そこから面白い関係が見えてきたので検討します。

 

 

・ultタイミングの歴史

当ブログ恒例のわかりづらい見出しですね。
ultタイミングについては発売当初から議論されてきました。
そして、プレイヤーのレベルが向上するとともに
ultタイミングについてもどんどん熟成されていきました。
言い換えると、プレイヤー成長の歴史と
ultタイミングの歴史がリンクしていると捉えられます。

下では、プレイヤーのレベルに対応した
ultタイミングの捉えられ方についてまとめています。

【ultタイミングのレベル(歴史)】

レベル1:勝手にultを使わない
もはや当たり前すぎて言葉にしないレベルの話ですね。
ultは味方と合わせると何倍も強力になる。
仲間に合わせてultを使うようにしなくてはいけない。
初心者の方はまずはココをマスターすると良いと思います。
古いですが過去記事もあります。
f:id:KAWAMUU:20160830102952j:plain

 

レベル2:出し渋らない
ultは合わせるのが強い、を信奉しすぎて
なかなかultを使わない人もいるんじゃないでしょうか?
ultは使ってナンボ!
「敵が撃ってきたらコッチも使おう・・・」
「仲間の誰かが先陣切ってくれないかなぁ・・・」と
受身の姿勢からの脱却が成長への道です。
こちらも過去記事あります。
f:id:KAWAMUU:20160926155030j:plain

 

レベル3:イニシエート
勝負の決め所は自分で作り上げる、
それがイニシエート。
イニシエート精度が高めることができれば
それはキャリー力が高まってると言っても過言じゃない。
ultタイミングの一種の到達点「イニシエート」。
あんまりためにならない過去記事あり。
f:id:KAWAMUU:20160920114438j:plain

 

レベル4:ult差を無駄にしない
これが本予選でNonkeさんが解説されていたこと。
正確にはコチラのult差が有利な内に
イニシエートを決めて盤面を奪っていくということ。
この裏には戦略は「ult差を作れ」がある。
そのために「ultを無駄にしない」という
高度な判断技術が試されているのだった。

レベル5:ult差を無駄にさせる
上には上があるのか!?
さらなる上級戦術を大会で見せつけたチームがある。
我らが王国Kingdom-eX6※が見せた1プレイ。
ult差で敵が有利な状況で、
こちらから先にイニシエートするプレイがあった。
敵有利、だから返しのultが決まるかもしれない・・・!
ハイリスクを背負った中、
絶妙なタイミングで放たれたult(D.vaの自爆だった)が
功を奏し、大方押し負ける局面を自分たちのモノとした。
(※もしかしたら別チームだったかも?あとで確認します!)

 

・ultタイミングの上達法

ultタイミングの上達・・・
自分で上のレベル表を書きながらその壁の高さにため息が出ます。

でも一回気分を取り戻してから表を見直してください。
シンプルなルールが見えてくると思います。
表が言っているのは
ultを使いすぎるな!」と「ultをさっさと使え!」の交互の歴史です。
お互いに矛盾した内容ですね。
ですが、「使いすぎ」と「使わなさすぎ」を繰り返すことで
ultタイミングの正解に近づいていくプロセスだと理解できます。

ですので、わたしたち一般プレイヤーは
「ultブッパしすぎて勝ててないな」と感じているときは
ultを慎重に見定める練習を、
「ult使わずに無駄にしたり死んでるのが多いな」と感じてるときは
ultを無駄に終わらせない使い方を練習すれば
ultタイミングのゴールに近づけるのではないでしょうか? 

f:id:KAWAMUU:20161128101335j:plain

これは他の練習にも同じことが言えて、
「最近タンクでアグレッシブに動きすぎて守れてないな」
と思っている人は盾をじっくり使う練習をして、
「タンクなのにultイニシエートの回数が減ってるな」
と感じてる人は積極的に殴る練習をするべきです。
つまり、アグレッシブとパッシブ(慎重な)プレイの繰り返し
その最高のバランスを体得できるのではないでしょうか?

自分のプレイを見直して、
自分はアグレッシブプレイによっているのか
それともパッシブプレイによっているのか
見つめ直すことで次のレベルに近づけるかもしれません。

 

・関連記事

overwatch.hatenadiary.jp