読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だらだら オーバーウォッチ

オーバーウォッチについて書いてます

定石に捕われて危険な道を選んではいませんか?

脱初心者

勉強や仕事をしながら記事を書くのは難しい、

という話をよく聞きますが、工夫すればできるもんです。

かくいう当ブログ管理人も社会人ですので。

といっても、与えられた環境次第ですけどね。

昼間からツイートできる私の環境が恵まれているだけの気もします。

仕事中の適当なツイートで誤解を与えてしまったり

不快な思いをさせてしまっていたら申し訳ございません。

 

 

・新メトラについて

シンメトラについて、みなさんどうお思いでしょうか?
私は強いと感じています。
200族の復権を可能にするシールド、
自動追尾、しかも無視できないDPS、
連携能力が狭いだけに、
連携が無くてもそれなりの仕事ができるスキルセット。
という点から野良でも強いのではないかと予想しています。
シンメトラの考察記事も書かないとなぁ・・・。

f:id:KAWAMUU:20161220104336j:plain
今日はシンメトラにも関係する話ですが、
シンメトラだけに限った話ではありません。
侵入ルート決定の話です。

 

 

・なぜそのルートを選ぶのか?

コントロール以外は、
攻め側は侵入するためのルートをそれとなく決めて
オブジェクトに進行していく。
レート2500以下の人に特に多いように思ってるんだけど、
このルート決め、なんとなくやってない?
今までこの道ばっかり選んできたから・・・
という考えでルートを決めてきたのだとしたら
そこはレートアップのチャンス。
別の判断方法でルートを決められるようにしよう。
初級レート帯だと軽んじられ気味のルート決めだけど
ルート決めとピック構成決めは同じぐらい重要だと思う。
今後増えていくであろうシンメトラに対しても
ルート決めの能力がアレば打開策につながっていくので
これを機にみんなで考えてみよう。
f:id:KAWAMUU:20161220104744j:plain

 

 

・リスク、リターン、最後に定石

ルートを決めるときは「定石」が実は最後。
どんなマップを攻めるときも、
初めてそのマップに挑戦したときのように
先入観に捕らわれずルート分析を考えるべき。

初級レート帯では、
リスクが目に見えてるのに突っ込んでしまう人、
目の前にチャンスが落ちてるのに素通りしてしまう人の
なんと多いことか!
そのほとんどが冒頭で言ったような、
今までこの道ばっかり選んできたから・・・
という考えに支配されているように思う。
殻を破り、昨日の自分に打ち勝つのだ!

イメージしやすいようにアヌビスを例に・・・。
まずはリスクの話。
アヌビス第一の関門ファーストゲート。
f:id:KAWAMUU:20161220095433j:plain
ここでの定石は左小部屋ルート(※)だよね。
う~ん、レート2500以下はこのルートにこだわり過ぎかも。
具体的には、敵にジャンクラットやシンメトラがる場合。
この場合でも左小部屋ルートに突っ込もうとする人が多い。
狭いからトラップにひっかかること間違い無し。
なんとか抜けても、その先の小部屋にて
グレネードポンポンされたら後衛が巻き込まれちゃうし、
RIPタイヤも避けられない。シンメのフォトンも痛い。
攻める前から敵のアドバンテージを予想できるのに
左から攻めるメリットはあるのだろうか?
(※ちなみに今や左小部屋は定石ですらない!後述)

次にリターンの話。
アヌビスAポイントを攻める段取り。
f:id:KAWAMUU:20161220101025j:plain
この攻め方は、なんとなくつっこんで
なんとなく殲滅するのが初級レート流。
それでうまくいくときもあるけど、
狙って落とせるように、プランを組めるようになりたい。
具体的に、いまメタのソルジャーが味方にいる場合。
さて、どう攻めようか?
当ブログでも何度か触れているが、高所ソルジャーマジ強い。
なので、画面から見切れているが、左上の3F高台を取るとGOOD。
さっきの具体例のまま、敵にジャンクラ、シンメがいるとする。
こいつら敵は高所の敵への攻撃が苦手。
(3Fぐらいならジャンクラでも攻撃できるけどね)
こいつらに対して、撃ち下ろしつつ、
チャンスが来たらタンク陣が飛び降りてトドメを刺していく。
このプランじゃなくて、平たい場所で戦うと
ソルジャーの良さを活かしきれないかもしれない。

これらをまとめると、
敵の守りたい攻撃陣形(リスク)を避けつつ、
味方を力を最大限発揮(リターン)できるルートが見えてきた。
ファーストゲートでは敵トラップを避けるために
右小部屋ルートを取りつつ、そのまま3Fへ。
3Fから制圧射撃をしながら有利を築き、チャンスで一気に降りる。
なかなかいいプランなんじゃないでしょうか?

 

・定石は「失敗のお守り」

定石は定石として大事な要素。
定石ではないこと、
つまり普段とは違うことをするということなので
慣れていない分、失敗しやすい。
これは裏を返せば、定石さえ守れば失敗しにくい
チームの連携も取りやすいということでもある。
だから、定石も大事な要素の1つなのだ。
でも、忘れてはいけない。
定石は、相手にとっても定石だということを。
敵からすれば、定石に対抗するのも慣れているのだ。

なにもプロのように奇想天外な攻め方をする必要はない。
視野を広げ、定石を増やしていけば良いのだ。
1つの定石にこだわらず、
リスクリターンを見据えて攻め方を切り換えていく。
切り換えた攻め方に慣れてくれば、それはもはや新たな定石。
レートを上げる方法の1つは、定石を増やすことにあるのかもしれない。

D.va コーヒーカップ 真空断熱 ステンレス フタ付き

D.va  プルオーバーパーカー BlackL

・関連記事

overwatch.hatenadiary.jp