読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だらだら オーバーウォッチ

オーバーウォッチについて書いてます

最初に溜まるのがナノブーストだから

ヒーロー考察 メタ(meta)

SSAがここまで勝ち上がるとは、

申し訳ないです、私も見誤ってました。

フッキングパパことMolis:ロードホッグが

活躍するたびにコメント欄には「ぱぱぁ」の嵐。

最終決勝はSSA vs GL!超期待!

そして、JCG以外にも大会が待ってるよ!

 詳細:1月28日 True Overwatch Elite #2 開催!!
関連ツイートリツイートすれば商品貰えるみたいですよ!



 

 

f:id:KAWAMUU:20170123102905j:plain

・【おさらい】ultゲージの仕様

さらっとおさらい。
― ultゲージの仕様について
ultゲージが溜まり切るとultを撃てるようになるが
ultゲージの溜まりやすさはヒーローごとに違う
もっともゲージ量が多いのがルシオの2625、
もっともゲージ量が少ないのがシンメトラの1000。
(ちょい誤魔化しあり、数値古い可能性あり)
チャージの方法はいくつかあって、
1秒あたりに自動的に5チャージ(5%じゃないよ!)、
1ダメージ与えるごとに1チャージ、
1ダメージ回復するごとに約1チャージしていく。

 

 

・アナのultはたまりやすい?の考察

アナのultゲージ量は1650、ワースト5位
ゼニヤッタ、バスティオンのultと必要量が同じ。
それにしてはultがたまりやすく感じるのは私だけ・・・?
アナultゲージのたまりやすさについて考察してみよう。
f:id:KAWAMUU:20170123102930j:plain

やはりなんといっても基本は敵への与ダメージ。
今はタンクメタなので味方にハルト、D.va、ザリアを例に。
ハルトが300ダメ、D.vaが400ダメ、ザリアが300ダメを
敵にそれぞれ与えていたと想定しよう。
これは敵に合計1000ダメージ与えていることになる。
最近はミラーマッチも多いので、
コチラも同じく1000程度ダメージを受けていると考えても無理はない。
味方が受けた1000ものダメージを回復するのは誰だろう?
今の環境だとそのほとんどがアナによって回復される。
そう、ハルトがたかだか300ダメージ(ゲージ300たまる)
している間に、アナは約1000チャージもしているのだ。
味方の被ダメをアナ1人でほぼ全て吸収するのだから
やはりアナのultはたまりやすいように思える。
アナはチーム内でまっさきにたまることも少なくないのだ。

 

 

・では、アナultをいつ使うのが適切なのか?

さて、今回のメインテーマ。
アナultはチーム内で最も上がりやすいultなのかもしれない。
じゃあ、そのアナult、いつ使うのが良いのだろうか?

当ブログはすぐに使うべきだと考えている。
当ブログでもなんどか触れているが、
現環境はミラー構成が多く、あたり合いの勝敗は
立ち回り、ハンドスキル、ポジションなどで決まる。
つまり、非常に際どい要素で戦いが傾く。
際どい戦いを一気に傾けるのがultの存在だ。
敵味方にultが無い均衡した戦いこそナノブがチャンス。
理想の打ち方は味方チャージが敵にヒットした瞬間
壁ドンのころには、食らった敵はおおよそ死ぬはず。
そのままブンブンハルトで荒らしていきたい。
チャージが難しい局面ではD.vaに打っていきたい。
以前の記事でアーマーとナノブのコンボに触れた。
ナノブD.vaは不沈艦。
ソルジャーの弾丸が1発当たり20→5までダメージが下がる。
1マガジンでも125ダメージ、硬すぎない?
ところで、ナノブの天敵は何か?―スリープダーツだ。
D.vaならスリープダーツを見てから消せる
こうなれば敵後衛を襲いたい放題だし、
D.vaが敵隊列を乱している今こそハルト突進チャンス。
f:id:KAWAMUU:20170123103020j:plain

当ブログ読者であるなら、このような反論もあるだろう。
ultはult同士合わせるのが鉄則でしょう?
では、逆に何と合わせるのだろうか?
ソルジャーult?ザリヤult?
それらは最もたまりにくいultの1つだ。
たまりにくいultを待っていたのであれば
ナノブがまっさきにたまったという有利を
捨ててしまっていることになるのでないだろうか?
当ブログは別の(逆の)観点で考えている。
たまりにくいultをためるためにナノブを打つ」のだ。
イメージしてほしい、ナノブでブンブンしてるハルトの
ultゲージはどうなっているだろうか?
ナノブ後もしくはナノブ中にはたまってるんじゃないだろうか?
仮に、ファーストナノブが失敗してしまったとしても
次の攻めには決定力の高いultがたまっている、
それだけでもファーストナノブを狙う価値がある。

2500前後のレート帯では
ナノブがまっさきにたまるアドバンテージを
無駄にしていることが多いように感じる。
このレート帯だからこそ、まっさきに打つべきだ。
味方との連携に不安が残るレート帯だけど
味方を硬くするというナノブの特性が後押ししてくれる。
死ににくい状態を作れるなら多少のミスは大丈夫。
お見合いが多い今の環境だからこそ、
一気に有利を築くナノブファーストの考え方をご検討ください。

Nerf This 半袖 Tシャツ

ラインハルト 水筒 真空断熱 ステンレス フタ付き

 

・関連記事