だらだら オーバーウォッチ

オーバーウォッチについて書いてます

ご提案!ガン待ちメイの対処法

最近になってD3WatchさんのDPI記事が人気なのは

sanma3によるマウスセンシ記事のおかげなのでしょうか?

先週末は空前絶後のセンシトークが

ツイッターで繰り広げられていました。

 

f:id:KAWAMUU:20170131084210j:plain
・ガン待ちメイ、どうすりゃいいの?

タイトルだけでどういう状況かイメージできるのでは?
ハナムラ、アイヘンバルデに代表される、
チョークポイントにてガン待ちしているメイ・・・
ヤツはアイスウォールを使った分断を狙っている。

昨日もSSAしらすぱんさんのラインハルト講座にて
メイ対策は話題に挙がっていた。
ついつい「メイ対策を議論し合いましょう」なんて
私の口から言ってしまったけれど、
しらすぱんさんはラインハルトでメイ対策できる、
といった文脈でお話されていました。
私の実力では残念ながら「ラインハルト」で
メイ対策はまだまだ難しいです。
しらすぱんさんのメイ対策回をみんなで見よう!(宣伝)

さてさて今回は、だらだらオーバーウォッチ的!
野良でもできる、ガン待ちメイ対策のご提案
なぜ提案なのかというと、まだ手応えがないから。
うまくいっても仲間との連携で失敗したり、
上級メイに今回のやり方を見抜かれたり・・・
ということなので、参考程度として御覧ください!

 

 

・プロはかく語りき

f:id:KAWAMUU:20170131092540j:plain
本題の前にRPGLastyさんのお話を1つ。
OWプロ選手であるLastyさんは
たびたび当ブログに重要なテクニックを提供してくれる。
以前「メイへの対策はハンゾー、これね」と伺った・・・が、
配信中ということもあって
その真意までは読みとることができなかった。
そこで今回、当ブログが独自に解釈してみた。

 

f:id:KAWAMUU:20170131093231p:plain
1. メイの位置がわかる
ハンゾーの探知矢を使えばメイの位置がわかる。
初級レートなら定位置で待ち続けるけど
少し上手いメイは毎度位置を代えて対策を難しくする。
メイが位置を変えたとしても
居場所を突き止められるので、やはり有利。


 

f:id:KAWAMUU:20170131093703p:plain
2. メイを1ショット1キル
アイスウォールを突破することに集中しすぎて
逆に頭から抜けがちな攻略方法がある。
メイをキルしてしまえば良いのだ。
ハンゾーならヘッドショットでインスタントキル。
しかもハンゾーなら正々堂々打ち込める・・・(次へ)


 

f:id:KAWAMUU:20170131094627p:plain
3. 縦の動きが自由自在
正々堂々、正面から打ち込める・・・?
ハンゾーのもう一つの強みは壁登りだ。
アイスウォールで孤立させられても
ハンゾーなら壁登りで離脱できる。
たとえ正面から撃たなかったとしても
壁登りで別ルート確保 → 相手の裏から射撃
で、プレッシャー or キルチャンスを狙える。


と、いう解釈でいいんですかね!?
間違ってたらご指摘お願いします!
しかしこの戦術、字面では有効そうに見えるが、
敵の状況をよく見ていないと成立しにくい。
例えば今はロードホッグ環境だから
2のジリジリ迫っている間にフック必死だ。
また、味方ハルトがハンゾーを守ろうとするあまり
前に出すぎて結局分断、なんてケースも想像できる。
それよりなにより、
上級レートじゃないとハンゾーピックは許されない雰囲気
私は自由にピックしたほうが楽しんですけどねぇ・・・

 

 

・D.vaを使ったアイスウォール空打ち作戦

じゃあ、今回紹介する別の方法が有効かというと、
それは冒頭でも言った通り、そんなに有効じゃない。
それでも、低リスクで空打ちすることもあるので
みなさんに紹介しようと思った次第であります・・・。
今回の主役はD.vaです。

f:id:KAWAMUU:20170131102425p:plain
●基本はINしてから戻るだけ
ハンゾーの壁登り活用と一緒。
アイスウォールを使われるところまで入り込んで
いざ、アイスウォールを撃たれたら
すぐに仲間の所まで戻る。
アイスウォールのクールダウン中に
仲間全員でINすればいい。


f:id:KAWAMUU:20170131102804p:plain
●メイにタックルする
上の単純な空打ち作戦を読まれてるとしたら・・・?
そのときは、メイへのタックルがオススメ。
D.vaでメイにタックルするメリットは2つある。
1つは、メイが襲われてると勘違いすること。
急接近&ダメージ!つまりメイは一瞬パニックに陥る。
なのでアイルウォールの空打ちの可能性が高くなる!
2つ目はノックバックによって
アイスウォールポジションがズレてしまうこと。
ガン待ちしててもタックルによって
メイ自体のポジションが強制移動してしまう。
結果的にアイスウォールの設置位置もズレてしまうので
図のようにアイスウォールの設置ミスを誘発できる。
タックルした後は安全な高所や味方の位置に逃げよう!


アイスウォールを失敗させた後は、
落ち着いて着実に潜入していこう。
ウォールのないメイは危険度が一気に低くなるので
フォーカスを合わせて着実に落としていこう。
構成的に盾割りも有利なはず!
空打ちさせても、気を引き締めよう!
アイスウォールを空打ちさせた後の動きのほうが
実は難しいのかもしれない。

似たようなことはウィンストンでも可能。
ポイントは高機動力で分断から復帰できることと、
自前の高い体力である程度の単独プレイが可能という点、
もし野良のアイスウォールに苦戦するようだったら
今回の戦術を使ってみても良いかもしれない。

Nerf This 半袖 Tシャツ

ラインハルト 水筒 真空断熱 ステンレス フタ付き

 ・本記事の登場人物

・関連記事