読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だらだら オーバーウォッチ

オーバーウォッチについて書いてます

【初心者ガイド】各ロールの役割

脱初心者

f:id:KAWAMUU:20160823160028j:plain

・はじめに  

今回のテーマは、
「ヒーローに割り当てられている各ロールを知ろう」
というものです。

プレイヤーにオーバーウォッチの特徴を尋ねると、
多くの方が「ゲーム中にヒーローを変えられること」と
答えるのではないでしょうか?
競技性/戦略性の高い他のゲーム(LoL、Smiteなど)と
ゲームデザインが異なる、大きなポイントです。
ヒーローチェンジ機能はゲームの重要な要素であり、
一方的に負けている試合を覆す可能性を秘めています。
柔軟にヒーローを切り替えることが最高の戦術とまで
断言するプレイヤーも少なくありません。
しかし、ヒーローを切り替えると簡単に言っても
最初のうちはどのヒーローに切り替えていいかわかりません。
実は上級者ですら正確な答えを出すことに苦労しています。

この記事では、
チームの構成を考えるときや
ヒーローを柔軟に切り替えるときの手助けになるように
各ロールの特徴を説明します。

本記事は2017/2/1に書かれたものです。
環境が変化にともない、本内容が現状に適していない可能性があります。



・オフェンス  

オフェンスとはその名の通り、
敵に大ダメージを与えるヒーローです。
他にDPSアタッカーダメージディーラー
呼ばれることもあります。
オフェンスがいないと敵を倒しきることができません。
ゲームを動かすのはいつもオフェンスなのです。

f:id:KAWAMUU:20170201104730j:plainf:id:KAWAMUU:20170201104735j:plain

彼らはダメージを与えることは得意ですが
集中攻撃されてしまうとすぐに倒されてしまいます。
そうならないように、立ち位置に気をつけたり
タンクに守ってもらわなくてはいけません。
忘れてはいけないのはエイム力です。
エイム力(えいむりょく)とは敵を正確に撃ち抜く能力で
基本的には地味な反復練習でしか向上しません
しかし、それだけ手に入りにくい能力なだけに
実力差が出やすく、エイムの良いプレイヤーは
スタープレイヤーとして崇められます。

→細かいオフェンスの内容はコチラ(仮ページ)

 

・ディフェンス  

ディフェンスとは名ばかりで
味方を守るヒーローではありません
オフェンスと同じように
DPS、アタッカー、ダメージディーラー
呼ばれることも多いです。
純粋なオフェンスと違うところは
プレイングが安定しないところです。

f:id:KAWAMUU:20170201104832j:plainf:id:KAWAMUU:20170201104835j:plain

ディフェンスは限られたシチュエーションにおいて
純粋なオフェンス以上に能力を発揮します。
状況によってはディフェンス1人で完封することも可能です。
しかしオーバーウォッチというゲームは
柔軟にヒーローを切り替えることができます。
そのため、今の状況をすぐに変化させられてしまうので
ディフェンスが通用しなくなる状況を作られがちです。
試合の全体を読み取り、
ピンポイントでディフェンスを選択できるような上級者
そのようなプレイヤーにふさわしいヒーローです。

初心者に多くピックされていて、
中級者だとピックが激減し、
上級者になると逆に少し増え始める、
そんな傾向にあります。

 

 

・タンク  

タンクの本来の意味はダメージ吸収です。
「ゲームを動かす」のがオフェンスだとすると
「ゲームを作る」のがタンクの役目です。

f:id:KAWAMUU:20170201104917j:plainf:id:KAWAMUU:20170201104922j:plain

タンクは味方が動きやすいように安全地点を作り、
または敵が動きにくいようにプレッシャーをかけます。
敵に攻め込むまでのルートに味方を導く、
敵陣に飛び込み暴れまわり、敵の連携を邪魔する、
といったプレイが求められます。
体の大きく、足の遅いヒーローばかりですが
それとはうらはらに、常にクレバーでいることが重要です。
技術よりも知識や判断力を必要とするロールです。

→細かいオフェンスの内容はコチラ(仮ページ)

 

 

・サポート  

サポートはチームの生命線です。
主な役目は味方の回復です。
サポートは戦線維持のための存在で
今や、サポートのいないチームはほとんど負ける、
それぐらい重要なロールです。
操作方法は他ヒーローと比べて的簡単なので
最初にサポートに触れ、
ゲームに慣れるのもいいかもしれません。

f:id:KAWAMUU:20170201112235j:plainf:id:KAWAMUU:20170201112240j:plain

サポートを極めたいですか?
敵への攻撃には間接的にしかかかわらないので
味方後方でゆっくりできるように感じてしまいますが
決してそんなことはありません。
味方の補助と一口に言っても、その選択肢は多く、
どの選択肢が最適なのかを常に問われ続けます。
ある意味、もっとも経験が必要なロールです。
直接敵と争うことを苦手とするプレイヤーに
選択されがちなロールですが、
全ロールのことを知って初めて活躍できるロールです。