だらだら オーバーウォッチ

オーバーウォッチについて書いてます

【更新】ヘルス、シールド、アーマーの仕組み

以下は2021/3/13の情報です。
f:id:KAWAMUU:20160711183133j:plain

・ヘルス周りのまとめ

先日の野良クイックにて、まだヘルス周りの仕組みについてしっくりきていない人がいるということがわかりました。ゲーム内での説明が不十分ですので今一度仕組みを学び直しましょう。
f:id:KAWAMUU:20170110091423j:plain
【ヘルス】
いわゆる体力、ゼロになるとデス。ヘルスパックやヒーラーのスキルで回復できる。


f:id:KAWAMUU:20170110091653j:plain
【シールド】
上画像の青いゲージ部分。ザリア、ゼニヤッタ等の一部ヒーローが持っているゲージ。

▶ 説明されていない重要な情報
・3秒間ダメージを受けないと、自動回復。
 →ただしスキルで付与されるシールドは自動回復しない
・ソンブラULT「EMP」で破壊可能
・アナ「バイオテック・グレネード」で上記自動回復を阻害可能
・レッキング・ボールのシールドに限り、
 ダメージを受けても敵ULTゲージは溜まらない


f:id:KAWAMUU:20170110092917j:plain
【アーマー】
上画像の黄色ゲージ部分。体力に関するゲージの中で一番複雑なパラメータ。アーマーは有無・大小は生存能力に大きく影響を与える。

▶ 特徴①:ダメージ軽減
 (被ダメージが10以上の場合) 被ダメージを-5する
 (被ダメージが10以下の場合) 被ダメージを-50%する
「10以上のダメージなら-5」、結構微妙な性能のように感じる。
実際、爆発系攻撃みたいに1発が重い攻撃の場合は効果が薄いf:id:KAWAMUU:20170110100227p:plain
「10以下ダメージの半減」に意味があるのだろうか?
答えはイエス。効果は絶大。特にショットガンを相手した時に効果を発揮する。その理由は散弾1発ごとに50%OFFが乗るからだ。例えば、リーパーのショットガンは1発あたり20個の散弾が放出される。この1個々々が低減される。具体的に計算すると、フルヒット時120ダメージがアーマーにより60まで低減される。かなり強い!
f:id:KAWAMUU:20170110100623p:plain

▶ 特徴②:ビームダメージ軽減
 ビーム系ダメージを30%カット
エコー、ザリア、シンメトラがビーム攻撃なのはわかりやすい。実は、メイとウィンストンのプライマリ攻撃もビーム扱いなので注意。さらに、ウィンストン使いはフォーカスの起点なので、できるだけアーマー無しのヒーローを狙うようにしよう!また、ザリア使いも同じくアーマーなしを狙おう。ザリア極太ビームでタンクを溶かすのは楽しいですが、そこはグッとこらえてアーマなしの後衛を溶かす方が効率的!
Overwatch' update: Blizzard says multiple heroes are LGBTQ — and fans are  in a frenzy

▶ 特徴③:継続ダメージには無関係
アナの射撃、アッシュのダイナマイトは1回あたりのダメージが小さいので、いかにもアーマーに対して無力そうに感じる。しかし、これらダメージはアーマーと関係なく通常通りダメージを与えられる。この情報も実は重要。というのも、アーマー持ちの敵に対してはリーパーのショットガンよりアナの1撃の方がダメージが大きいからだ。アーマーゲージさえ削ってしまえばアーマー効果は得られない。「できるアナは敵タンクに1撃いれる」という ことわざがあるが、こういう数字に裏付けられているのだ。
A Beginner's Guide to Ana | theScore esports

 


・アーマーとのシナジーコンボ

アーマーのことで抑えておきたいもう一つのポイントはナノブーストとのコンボ性能の高さだ。ナノブーストは味方をジャガーノートのごとく硬くする。その効果、被ダメージ-50%!もちろんアーマーのダメージ軽減と重なることになる!ということはショットガンやマシンガンの被ダメは1/4までカットされる。このコンボ計算から学べることは2つ。
ナノブーストをかけるのに迷ったら、アーマー持ちの味方に!
アーマーを持たないタンクはザリア・ホッグ・シグマだけ。単純に生存時間を伸ばしたいのであれば、それ以外のタンクにナノブーストしたほうが効果的。
ナノブーストはピンチ前に使う!
アーマーゲージを消費しきってからナノブーストしてしまって上の恩恵を得られない。ピンチになってから使う!よりも、ピンチになる前に使う!方が生存性能を圧倒的に向上させられる。

f:id:KAWAMUU:20210313195224p:plain