だらだら オーバーウォッチ

オーバーウォッチについて書いてます

ラインハルト vs ウィンストン:エリアの捉え方

f:id:KAWAMUU:20210424164808j:plain
メインタンクを代表するラインハルトとウィンストン ――― 2人の違いってなんだろう?いろんな切り口があるので、1つの点で考察することは危険だと思うのですが、こういう切り口があると思います。曰く「エリアを奪うコンセプト(思想)」に違いがある ―――

 

メインタンクはエリアを奪う仕事

これだけオーバーウォッチを考察してきて、やっと理解したことがあります。それは「メインタンクはエリアを奪う仕事」であり、そしてそれはたとえ同じドンっとした盾構えだとしても、ラインハルトとウィンストンで意味が違うということです。今回は盾を構えたときの「ドン!」、この違いについてラインハルトとウィンストンを比較考察していきたいと思います。
f:id:KAWAMUU:20210309195923p:plain

 

 

ラインハルトのエリア奪い

ラインハルト対他ヒーロー解説:ダメージ編 前編 : いまから始めるOverwatch+Noobの足跡
おなじみラインハルトの「エリア奪い」について。タンクロールじゃない方も、ラインハルトがじりじりと戦うエリアを広げていき、ポイントを確保していくことは理解されていると思います。
深堀りを進めていきましょう。まず本質と改めて向き合ってみましょう。なぜ、ハルトはエリアを広げていくのでしょうか?答えは「味方の戦うエリアを広げる」ためですね。エリアを広げることで多角攻撃ができたり、文字通り味方の戦う幅が広がるわけです。

f:id:KAWAMUU:20210424154825j:plain

ハルトが前進することで、味方の戦うエリアが広がります。さらに、味方エリアを広げるということは敵エリアを狭めるということにもつながるので、敵は戦いにくくなっていくわけです。(青線エリアが広がってますね!)
f:id:KAWAMUU:20210424154956j:plain

★初心者ハルトさん へ

使い慣れていない時は、ハルトは味方を守るモノ、シールドを張るモノ、と考えがちです。でもタンクのメインジョブはエリア確保です。盾を構えてじっとしているだけではダメなのです。なんとか前に出ていく、それがハルトの一番最初に習得するべき技術なのです。

 

 

ウィンストンのエリア奪い

f:id:KAWAMUU:20210315225603p:plain
ハルトとウィンストンの違いは、ジャンプパックの機動力、広範囲置きバリアが大きいです。特に違うのが、仕舞えるシールド(ハルト) vs 置きシールド(ゴリラ)です。ウィンストンは盾を仕舞えない(回復できない)ので、ジリジリと前線を上げていくのが苦手なのです。
さて、この置きシールドについて、ハルトと同じように味方の戦うエリアを広げる役割もモチロンあります。しかし、一番効果的な使い方は「敵の戦うエリアを潰す」使い方です。
f:id:KAWAMUU:20210424161156j:plain
ちょっと例をあげて考えてみたいと思います。ウィンストン(青)が敵後衛(ピンク)の戦うエリアを潰すシーンを説明したいと思います。ここから、ジャンプパックを使って飛び込み、そしてバリアを張ると・・・?
f:id:KAWAMUU:20210424161928j:plain
この状態です。これが敵のエリアを潰せている状態なのです。エリアを潰されて一番困っているのはアナです。アナはビリビリを喰らっているのですぐにここから離れたい。つまり、安全にサポートできていた位置が潰されてしまっているのです。しかも、バリアから離れたとしても、ハルトに回復を通せない
さて次に混乱するのはマクリーです。マクリーには、①バリアに入ってゴリラを倒す、②バリアを割る、③ゴリラを無視して移動し,ハルト前面に加勢維持、の3つの選択肢があります。ここからベストの答えを引かなかればいけません。このマクリーの混乱は、いわゆるフランカーによる揺動と同じですが、ゴリラのバリアがあることで、マクリーの取りうる選択肢をより複雑化しています。ちなみにハルトも同様に混乱していて、(ⅰ)ゴリラを味方にたくして前面を守り続けるか(ⅱ)一緒にゴリラを殴るかで迷うはずです。
この混乱に乗じて、ゴリラ側の味方が敵陣を破壊するわけですね。

★初心者ゴリラさん へ

使い慣れていない時は、敵陣に真っ先に飛び込み、敵の自由を奪う!・・・までは良いんですが、すぐに自分ゴリラが溶かされてしまって、一気に人数不利に。なんてことになりますよね。敵を倒しきれなくても一時的に自由を奪えば良いんです。それに、ジャンプパックを使わずに敵に飛び込む方法もあったり?これはまた別の記事で!

 

 

つまるところ「広げる」か「奪う」か

今回は例を上げつつ説明しました。簡単に言うと、ラインハルトは味方の戦うエリアを広げる = 味方が自由に戦えるようにゲームメイクする。一方、ウィンストンは敵が戦うエリアを潰す = 敵に不自由な戦闘を押し付ける、ということですね。
同じメインタンクという言葉でくくられていますが、その戦い方は大きく違うのです。というか(これ何度も言ってますが)、タンクというロールはヒーローごとに戦い方が変わり過ぎる!タンク専のみなさん、いつもご苦労さまです。こんな感じなので、バフ・ナーフが1つ入るだけでタンクレートが大きく変わってしまうロールですね。
なかなか、こういう話って知る機会が無いので、こういう考察も増やしていきたいと思います。次回のタンク考察では今流行りのロードホッグ vs ザリアをテーマに議論したいと思います。またね!
Top 5 Tank Heroes in Overwatch | CYBERPOWERPC