だらだら オーバーウォッチ

オーバーウォッチについて書いてます

ロードホッグ vs ザリア:ミスの捉え方

f:id:KAWAMUU:20210430004048j:plain
あまりウケがよくなくってガックシの記事もある今日このごろ。今回の記事も同じ構造の記事なのでみなさんが求めている内容ではないかもしれません。駄文にお付き合いいただき誠に恐縮ですが、今回もなにとぞよろしくおねがいします。あっ、ウケが悪かったのは「ラインハルト vs ウィンストン」の比較記事です。今回もめげずにヒーロー比較記事です。

 

 

サブタンクの理想はFLEX(柔軟)スタイル

メインタンクのピックチェンジは少ない。でも、サブタンクはすぐピックチェンジ。――― 戦況に応じたピックができる、それがサブタンク。メインタンクがピックチェンジするときは結構ヤバい時ですが、逆にサブタンクは柔軟にピックを切り替えていくモノです。さて、ここで質問。サブタンク毎の特色を一言で言えますか?さらには各サブタンクの一番の強み、強いプレイを言えるようになりたいですね。はい、今回の主役はロードホッグとザリア、(私が考える)真逆のサブタンクの比較です。
f:id:KAWAMUU:20210430003134j:plain

 

ロードホッグはミスを誘う

ホッグの印象は一言「フックキル」。フックこそ全てのように感じます。しかし私は、「フックするまでのプロセスこそがホッグの仕事なのではないか?」そんなふうに思います。それこそが見出しである「ミスを誘う」です。ホッグが誘うミスとは「ポジションミス」です。当然ながら簡単にフックにかかるような位置にいる敵を罰することもあります。加えてミスした敵を倒すだけではなく、相手がポジションミスするように仕掛けるということだとも考えています。よし、今回も例をあげて考えてみましょう。
f:id:KAWAMUU:20210429233805j:plain
ここのシーンも明確な答えが見つからず、難しいですよね。ホッグがいる場合、ホッグに求めるワンプレイはショート裏取りです。下の画像のような移動ですね。そこでフックキルを生むのもよし、チラ見せのみで、あえてフックを使わずプレッシャーをかけるのもよしです。フック温存でもいい、なぜならホッグはDPSフランカーと違って、バレバレの裏取りでも「フックくるかも?」のプレッシャーをかけられる性質を持っているからです。
f:id:KAWAMUU:20210429234128j:plain
さて、いざ裏に顔をだして、ミスポジションの後衛をフックキルできたら大成功ですし、フックを温存していても「フックくるかも?からのプレッシャーでミスを誘える」のです。こちらも説明してみましょう。ホッグが上の裏取りに行きなかった時の、赤側から見た射線と安全エリアはこうなっています。
f:id:KAWAMUU:20210429234918j:plain
ここにホッグのプレッシャーがかかるとしたら・・・守り側の安全エリアはホッグフックが飛んでくるかもしれないエリアになるので、安全エリアががごっそり削り取られることになりますね。敵(特にマーシー)はこのプレッシャーの中でポジションを選ばねばならず、つまり位置ミスする危険がある(誘発できる)→だからフックキルと繋がるわけです。つまり、ホッグにはDPSフランカーと同じように相手が安全だと思っているポジションを危険なエリアに塗り替えることができるんです。そのためにホッグは多少無茶な移動や位置取りが必要ですが、自己回復でなんとかできるのは、そういうオフアングルプレイが推奨されているヒーローだからだと理解しています。
批判するつもりはないのですが、上記のように考えると、悪いホッグの例としては、青ハルトの裏側から撃ってばかりのホッグ。これだと相手の安全エリアへのプレッシャーをかけられず、敵の偶発的なミスにたまたまフックを引っ掛けるだけの豚になってしまうかもしれませんね。ただ、盾割もモチロン強いのでわかった上でプレイしてるなら問題ナシです。

※ちょっと別話:「いるだけでポジションが制限される」の意識

ホッグ以外の例だと、アッシュ、ウィドウ、ハンゾーです。いつもは安全なエリアでも彼らの射線が通っていると一瞬でキルゾーンになります。このようなポジションに圧力をかけるヒーローが存在している時に「射線に絶対に入らいないぞ」という決意、これを持てるかどうかがサポート・DPSで上に上がれるかどうかのポイントだったりします。

 

 

ザリアはミスを帳消しにする

ザリアのバリアは何度も取り上げているので同じような話。柔軟にミスを誘うホッグ。そして柔軟にミスを帳消しにするザリア。同じFLEX(柔軟)プレイでもここまで違うのです。個人的にザリアを推奨するシーンは防衛です。攻撃側は何度失敗しても1回ポイントを奪えれば良い。でも防衛は一度でも失敗したらハイ終わり、というルール。そんな中、負けの原因になりうる味方のミスを救えるザリアは防衛でこそ輝く、と考えています。
f:id:KAWAMUU:20210430000838j:plain
ではザリアはどういうプレイを心がけるべきかというと、安全エリア警戒エリア危険エリアを描くということだと思っています。先に安全エリアの説明をすると、ここは死ぬ危険性は低いエリアであり、このエリアで味方が自由に交戦して敵を押し返したいです。
さて、ザリアは味方のミスをカバーできるのですが、出たとこ勝負(反射神経のみ)のバリアだと安定しません。ザリアのバリアを安定させるためには上記3つのエリアを頭の中で整理し、どこでバリアを使うか計画することだと思います。上の画像が通常時のエリア分けなんですが、今回はホッグがいるのでこうなります。
f:id:KAWAMUU:20210430001310j:plain
さっき画像から安全エリアが無くなってますね。敵にホッグがいるからです。詳細考察に入る前に、危険エリアを説明します。危険エリアにいる仲間はデスリスクが激高なので守るのは難しいor無駄です。本題となるポイントは警戒エリアです。警戒エリアはリスクがあるが、ここで戦わないわけにはいかないエリアです。ここは味方のデス(ミス)の危険がつきまとう場所です。
バリアは基的にメインタンクに使いたいですが、今回は警戒エリアのホッグがいるとわかっています。だとすると「今回はマーシーが狙われそう」と気付けるはずです(上のホッグの説明で理解できてますね?)。敵ホッグのヤバフックから味方を救うことができれば、とてつもなく大きな価値です。
ね?狙ってミスを帳消しにできそうな感じが出てきたでしょ?
f:id:KAWAMUU:20210430002332p:plain
あとはいろんなマップで実行あるのみ。ですが、ここにも難点があります。警戒エリアは毎試合変わるということです。今回はホッグがいたから画像の場所が警戒エリアになりました。しかし、驚異となる敵がホッグではなくスナイパーだったり、ドゥームだったり。敵の構成に依存して警戒エリアが変化します。警戒エリアを柔軟に描き続ける能力こそ、ザリアには必要なのかもしれません。

 

 

結局、What is your JOB? なカンジ

この記事に限った話ではないですが、やっぱりヒーローはこういうプレイをしたら強い、という基本的立ち回りの理解が重要なわけですね。いくらキャラクタコントロール(キャラを思い通りに動かす練習)ができていても、どう動かすべきかをわかってないと貢献できないわけです。いやぁ、オーバーウォッチっていいモノですね。
Overwatch: 5 Pros (& 5 Cons) Of Playing Zenyatta | TheGamer

だらだらオーバーウォッチへ寄付する